1. アートホテル弘前シティ
  2. プライバシーポリシー
サイトマップ

Privacy policy
プライバシーポリシー

アートホテル弘前シティ(以下「当社」)は、ホテルを運営する事業体として、個人情報の適切な取り扱いに規範を示すべき立場にあるとの理念の下、個人情報を適切に取り扱うことの重要性を認識し、個人情報保護方針を定め、役員および従業員が一体となってこれを遵守し、もって個人情報の保護および個人の権利利益の保護に万全を尽くしてまいります。

1.個人情報の利用目的

当社が個人情報を取得するに当たっては、その利用目的を可能な限り特定し、その目的の達成に必要な限度において個人情報を取得いたします。 個人情報の利用は、利用目的の範囲内で行います。また、目的外利用を防止するために、必要な対策を講じる手順を確立し、実施いたします。

2.個人情報に対するセキュリティー対策

保有する個人情報を利用目的に応じた必要な範囲内において、正確、かつ、最新の状態で管理し、個人情報の漏えい、滅失または毀損等の恐れに対して、合理的な安全対策を講じ、予防ならびに是正に努めます。

3.法令の遵守

個人情報の取り扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守いたします。

4.個人情報の取り扱いに関する苦情および相談

当社の個人情報の取り扱いに関し、苦情相談等がある場合には、下記窓口までご連絡いただくことにより、これに対応いたします。

アートホテル弘前シティ 管理
【郵便による連絡先】 〒036-8004 青森県弘前市大町一丁目1番地2号
【メールアドレス】 art-hirosaki-city@mystays.com

5.継続的改善

個人情報保護マネジメントシステムを定め、これを定期的に見直し、継続的に改善いたします。

制定日:2018年5月25日 アートホテル弘前シティ

個人情報の取り扱いについて

【利用目的について】

当社が取得した個人情報は、次の目的の範囲内で利用いたします。

なお、次の目的の範囲に含まれていない利用目的が生じたときは、直接取得の場合はご本人へ利用目的について同意を得た上で、それ以外の手段で取得した場合には利用目的を公表した上で、利用いたします。

対象情報 利用目的
ホテル運営事業に関わる個人情報
  • ・ご予約、宿泊手続き、ご本人様確認のため
  • ・サービスの企画・向上のための集計・分析のため
  • ・サービス、または提携先の商品、サービス等の情報のご提供のため
お取引先様に関する個人情報 営業活動・お取引先様情報の管理のため
従業員・退職者に関する個人情報 雇用および人事管理のため
採用応募者の方の個人情報 選考および採否に関する連絡のため

【個人情報の保管期間について】

ご予約時に取得した個人情報は、ご予約いただいたサービスの提供の記録として法令が定める期間の経過後、削除いたします。

【個人情報の共同利用について】

当社のサービスをご利用いただくお客様に、付加価値の高いサービスおよび当該サービスを遂行するのに必要なご連絡や決済業務等を遂行するため、厳格な管理と適切な安全対策の下、以下のとおり個人情報の共同利用を行います。

  • 個人情報を共同利用する者: マイステイズホテルグループの経営・運営に当たる事業者(※一覧はこちらをご覧ください。)
  • 共同利用の目的: 上記(個人情報の利用目的について)のとおり
  • 共同利用する個人情報の項目: お客様の氏名、会員番号、電話・FAX番号、国籍、パスポート番号、住所、Eメールアドレス、年齢、性別、誕生日、ご利用履歴に関する項目、その他当社予約サイト(提携先予約サイト含む)にご提供いただいた情報
  • 共同利用する個人情報の管理責任者: 株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント

【個人情報の開示等に関する請求について】

  • 当社は、ご本人から利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止(以下、“開示等”といいます。)を求められた場合は、個人情報について社内調査を行い、遅延なく回答させていただきます。
    ※ただし、ご請求内容によっては開示等に応じられない場合がございます。その場合はその理由に関しても回答いたします。
  • 開示等の請求を行う場合は、以下手順に沿って郵送またはメールにてご請求ください。請求内容について不備・不足事項等がある場合は請求を受け付けることが出来ない場合があります。
  • 「個人情報開示等請求書」により頂いた個人情報は、お問い合わせ対応に使用し、それ以外の使用はいたしません。
本人が請求する場合
  • 開示等の求めを行う場合は、以下の書類をご準備いただき、配達記録郵便またはメールに添付してお送りください。
  • ① 個人情報開示等請求書
    請求者の住所・氏名・電話番号、請求の対象者の住所・氏名・電話番号、対象となる個人情報の種類・内容・提出時期、請求内容を具体的に記入してください。
  • ② 本人確認書類
    運転免許証、パスポート、在留カード等の、ご本人の氏名、現住所を確認できる顔写真入りの書類のコピー。
代理人が請求する場合

開示等の求めを行う方が、法定代理人もしくは本人が委任した代理人である場合は、前項の書類に加えて、それぞれ下記の書類を同封または添付してください。

【法定代理人の場合】

  • ①法定代理権があることを確認するための書類
    戸籍謄本、親権者の場合は扶養家族が記入された健康保険の被保険者証のコピーも可。
  • ②法定代理人本人であることを確認するための書類
    運転免許証、パスポート、在留カード等の、代理人の氏名、現住所を確認できる顔写真入りの書類のコピー。

【委任による代理人の場合】

  • ①委任状
    請求を委任する方と代理人双方の署名捺印と住所・電話番号、委任する内容を記入してください。
  • ②ご本人の印鑑証明書(3カ月以内に発行されたもの)
  • ③委任による代理人本人であることを確認するための書類
    運転免許証、パスポート、在留カード等の、代理人の氏名、現住所を確認できる顔写真入りの書類のコピー。

※開示等に関する詳細は、開示等請求窓口へお問い合わせください。

【個人情報に関するお問い合わせ・開示等請求窓口】

名称 アートホテル弘前シティ 管理
所在地 〒036-8004
青森県弘前市大町一丁目1番地2号
個人情報保護管理者 管理担当者
メールアドレス art-hirosaki-city@mystays.com

【未成年者の個人情報】

当社のウェブサイトは、未成年者の利用を対象としておりません。当社は故意に未成年者から個人情報を収集することはありません。未成年の方は、親または保護者の監視や同意がある場合のみ当社のウェブサイトをご利用いただけます。

【クッキーの取り扱いについて】

当社のウェブサイトでは、クッキーを利用する場合があります。この場合、お客様が当社のウェブサイトをご利用になる際の利便性向上のために利用するものであり、お客様の個人情報を特定するためのものではありません。

ブラウザの設定によりすべてのクッキーを受取拒否に設定することができますが、それにより当社のウェブサイトを快適に利用できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【第三者企業によるクッキー情報の利用について】

クッキーを使用する際に、第三者企業のシステムを利用する場合があります。当社のウェブサイトでは、利用者のアクセス解析や最適な広告配信をするために、第三者企業によるクッキーを用いた統計的なサイト利用情報の取得および第三者企業を介した広告配信を行っています。第三者企業が関わるアクセス解析や広告配信に利用するクッキー情報では、個人の識別は一切されません。

当社がウェブアクセス解析や広告配信等の際にサービス利用をしている第三者企業とは以下の企業を指します。 第三者企業によるクッキー情報の利用については、リンク先の第三者企業のサイトをご覧ください。また、クッキー情報を無効にしたい(オプトアウトしたい)場合は、下部に記載の第三者企業のオプトアウトページにアクセスし、手順に沿ってクッキーを無効化してください。なおクッキー情報を無効化(オプトアウト)した場合、それぞれのサービスを活用する際に制限が生じる場合があります。

【サイトアクセス解析のためのサービス利用】

※各分析ツールではクッキーを使用してお客様の情報を収集いたしますが、個人を特定する情報は収集しておりません。

各分析ツールを使用して収集されたクッキー情報については各分析ツールを提供している企業のプライバシーポリシーに基づいて管理されます。

お客様が当社のウェブサイトにてクッキー情報収集を拒否される場合は、下記のオプトアウトページ一覧からオプトアウトしていただけます。

【個人情報に対するセキュリティー対策】

当社のウェブサイトをご利用の際、お客様から個人情報を送信いただく場合のセキュリティー確保のため、当社ではお客様の個人情報を SSL(Secure Socket Layer:インターネット上で情報を暗号化して通信するセキュリティー機能)により保護します。

お客様がSSLに準拠したブラウザをお使いになられることで、お客様の個人情報を暗号化して送受信いたします。

【従業員・委託先に対する監督】

当社では、従業員に対して個人情報に対する守秘義務を課しており、また個人情報保護のための従業員教育を行っています。

当社が個人情報の管理を第三者(国外を含む)に委託する場合には、委託先の個人情報保護に対する安全性を審査の上、秘密保持契約を締結します。